×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  沙流苑について

沙流苑について

沙流苑について
先を見据えた先代の「目」。
先を見据えた先代の「目」。

先を見据えた先代の「目」

先代社長が現在の「沙流苑」にいたるまでには、山あり、谷あり、波乱万丈の人生でした。食堂やスナックでアルバイトを経験し、20代前半にはスナック「青い鳥」を開業し、町内外からお客さまがいらっしゃる人気店になりました。その大事な店の看板をあっさりと弟に受け渡し、先代は「炉端焼 漁火」を開店しました。
お店は連日明け方まで騒がしかったと、当時を知る方の多くが語るほどのにぎわいぶりでした。その2~ 3年後には、当時では画期的な屋内ゴルフ、バッティングセンターなどの娯楽施設をオープンします。いちやく、子どもから大人まで人気の空間をつくりあげました。その後は何年かの間に自分の力をたくわえ、現在の「沙流苑」を開店します。
先代はすべて計画の中、周りと世の中の流れを把握し、心の先を読み、努力と洞察力と想像力で成功に結びつける力を持っていました。
周りには見えないものが見えていたのだと思います。

当店ならではの食材を、大切な人と、ご家族と。

当店ならではの食材を、大切な人と、ご家族と。

焼肉亭「沙流苑」は、ワンランク上の食材をご提供します。
これまで地元で根を張ってきたからこそ、独自の仕入れルートを築け、上質なお肉をリーズナブルにご提供できます。たとえば、道内でも随一の肉質を誇るびらとり和牛や健康に育ったジンギスカンなどです。
当店だからこそ、当店でしか味わえないひと皿を追い求め、大切な人ともご家族とも楽しめるお店づくりを目ざしています。
肉の扱いを知り尽くしている当店ならではの熟成された味わい、口あたり、肉質に合った自家製タレなど、自慢のおいしさを是非ご賞味ください。